kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-35日目-152

user image 2020-04-29
By: truth
Posted in: ニュージーランド

牧場と山に囲まれた高速道路。

 

1471.JPG

 

オークランド都市に近づくにつれ、道路は混みあい、立ち並ぶ家の数も増える。

 

1472.JPG

 

35日ぶりの大都会。

懐かしさより息苦しさを感じる。

 

よく日常、東京の大都市で暮らしているもんだと自分でも驚くほどの拒否感。

 

まずは旅前に預けたバッテリーチャージを輸送会社に取りに行く。

最後の可能性をかけアメリカへの返品を期待したが、ここでも輸送は不可だった。

 

ブラウンズベイにて両替。

都市部にも同じ両替所の支店があるが、車の駐車が難しいのでいつも利用している場所へと向かう。

 

1473.JPG

 

ランチタイム。

私は寿司、ミーアはビザ

 

1474.JPG

 

互いに好きなもので何より。

 

 

 

 

近くにミーア両親ハウスがあるけどおとといまで3日間大いに一緒に楽しんだし、先を急ぎたいのでここではスルー。

二人が家にいるとも限らないしね。

 

唯一の心残りは愛するべきベストフレンド、パグちゃんに出会えないことかしら。

まぁいい、後10日で旅は終わる。

 

私たちはNZMCA、DOCのメンバーだがオークランド周辺にはオークランドが運営するキャンプサイトメンバーシップがあり、これには参加していない。

都市部にNZMCAはあるものの北を目指す私たちはその次を目指す、となるとファンガレイか。

 

その手前にウレティティにDOCサイトを見つけてここが今日の目的地となった。

 

よしっ、このまま進むぞっ!

 

「パパに教えてもらった車バッテリー店に行きたい。」

 

はっ、ミーア?

今既に1時で、2時までにDOC行きたいんだよね?

 

そのお話聞いていないよ。

彼は既にその店と連絡を取り、今日立ち寄ると話がついているらしい・・・。

 

「なんだよっ、なら最初に教えてよ。」

 

プラン好きの私がミーアがちゃんと仕事ができるように整え、承諾を得た上でのこの希望に文句を垂れる。

 

「なら立ち寄らなくていいよ。」

 

ってかもう、店と話をしているんでしょ。それに・・・

 

「今更この話をした後で立ち寄っても立ち寄らなくても私の気持ちは変わらないから行っていいよ。」

 

行かないにするなら不快感を与える前に決めてくれ。

 

結果、約1時間の時間をかけてキャンパーを確認しバッテリー、ソラーパネル接続についていろいろと教えてもらった。

ただミーアの希望を叶えるには130万円かかるらしい。

 

車が小さい分、スペースを考えた上での設置が大きなポイントらしく、これでミーアも諦めがついたらしい。

 

大好きな子だけど お付き合いするには 我慢も必要

 

2時半過ぎの出発、目的のサイトまでは1時間半かかるとナビゲーション。

 

1475.JPG

 

 

 

 

予定は変われど目的地は同じ、前進するのみ。

 

1476.JPG

 

高速道路、町へ出口に渋滞ありき。

 

1477.JPG

 

自然しかなければ順調に進む。

 

1478.JPG

 

海が見えてきた。

 

1479.JPG

 

ここから望める景色は私もミーアも大好き。

標高の高い道路わきにオレンジ色の建物がある。

 

 

 

 

以前は販売中で、ミーアは非常に欲しがっていた。

どうやらどこかの会社か団体が購入したようだ。

 

風になびくトイトイが秋の訪れを教えてくれている。

 

1480.JPG

 

到着、ウレティティキャンプ

 

1481.JPG

 

入り口から景色の良さが伝わってくる。

 

1482.JPG

 

今日は沢山移動したから明日はここでゆっくりしよう。

 

1483.JPG

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール