kokoro banner image

ニュージーランド旅行記29日目⑦2018-151

user image 2019-04-30
By: truth
Posted in: ニュージーランド

木々がない牧場では太陽ばっちり届くからねぇ~。

いやぁー逃げ場なかった。

 

道は変わりマヌカロード。

 

2018-NZ-travel-1286.JPG

 

1本の木には小さなお花が顔を見せていた。

 

2018-NZ-travel-1287.JPG

 

私が貴重なショットを写真に収めていたら、ミーアも貴重な時間。

マヌカが作る少ない木陰に隠れている、顔は影の外でも他の部分は影の中。

 

「影が欲しい人がいたら聞いて。見つけるのが得意だから。」と自慢げに笑う。

 

相変わらずかわいい奴め。

 

「その陰でいいながら、私でも見つけられるよ。」

 

「へへへ。」

 

私たちの会話って本当単純、でも楽しい。

何も傷つけない、誰とも比べない、平和な愛嬌を平和に返す。

 

そっと存在し、何もなかったように消えていく、これが私たちの生きる道。

 

 

 

 

広がる牧場景色を見ながらマヌカロードを進む。

 

2018-NZ-travel-1288.JPG

 

すると先は再び牧場となり

 

2018-NZ-travel-1289.JPG

 

無数の羊たちが牧場と海の景色に追加される

 

2018-NZ-travel-1290.JPG

 

周りを見渡せばなんて綺麗なのかしら。

やっぱり私には緑と青が必要。

 

 

 

 

六白金星の私は木星と手をつないでおらずこの色が足りない。

しかしこの色は私にとってアトランティスを思い出させてくれる必要な色。

 

得られると懐かしい記憶と重なり恋しさが増し、新しいエネルギーがチャージされるような気がする。

だから自然が私にとって大きな存在なんだ。

 

ここで行きに出会ったバイカーに会った。

彼は既にフレッチャーベイまで行き、折り返しに入ったみたい。

 

ポリーベイの急な坂も下ったと思うとやっぱりすごいな、彼。

「牧場は羊の踏んでいっぱいだよ。」が彼の助言。

 

2018-NZ-travel-1291.JPG

 

あっ、まさしく

 

2018-NZ-travel-1292.JPG

 

固まっていれば松ぼっくりにも見えるけど至る所に散乱しているので、避けながら進む。

 

 

 

 

それにしてもすごい量だな。

 

2018-NZ-travel-1293.JPG

 

住処にハイキングルートがある羊たちは結構人間慣れしている。

まぁ近づきすぎれば逃げるけど他の羊に比べると結構そばまで寄れる。

 

2018-NZ-travel-1294.JPG

 

近づきよくよく見てみるとなんだかこの子たちふくよかだなぁ。

まだ毛が刈られてないからかもしれないけど豊満という言葉がよく似合う。

 

素敵な子達との出会いを記念して、写真撮影。

丘の上の羊。

 

2018-NZ-travel-1295.JPG

 

 

 

 

 

 

丘の上の羊とミーア。

 

2018-NZ-travel-1296.JPG

 

あまりの出来事で写真を撮られなかったけど、フェアウェル・スピットではこちらを見ながらおしっこするという無礼な羊に出会った。

ここではなんとこちらを見ながら糞された。

 

警戒しているのかリラックスしているのかいずれにしても無礼者には変わりない。

 

2018-NZ-travel-1297.JPG

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール