kokoro banner image

陣馬山-高尾山ハイキング2018-08

user image 2019-06-11
By: truth
Posted in: 国内ハイキング

緑の下り道。

 

jimba-takao-2018-57.JPG

 

ルンルンで気持ちいなぁ。

 

ここからずっと尾根道ルート。

 

jimba-takao-2018-58.JPG

 

うーれしいなぁ、うれしいなぁ。

 

ここでも杉と自然木を左右に歩いている。

さっき嫌というほど登った甲斐があったな。

 

連なる山のなだらかな峰を歩く、横上に邪魔するものはなく景色もいいし、空気もいい、そして何より歩きやすい。

だけど峰だけあり、二人が横に並んで歩くほどのスペースはないので、私が前に、ミーアは距離を開けて後ろで互いにマイペースウォーキング。

 

ミーアが前でもいいんだけど、写真に写りこんじゃうことと、私は人がいるとそのすぐ後ろについてしまう癖があり、うまくスペースを開けられない。

だからこの並びがちょうどよい。

 

道は杉道になり、高い杉が作ってくれる木陰に感謝。

 

jimba-takao-2018-59.JPG

 

 

 

 

太陽サンサン、上見て気持ちい。

 

jimba-takao-2018-60.JPG

 

あっ、皆がまっすぐ伸びる中、変わり杉発見。

 

jimba-takao-2018-61.JPG

 

個性豊かでいいねぇ。

 

椅子見つけてとりあえず記念にと座ってみる。

 

jimba-takao-2018-62.JPG

 

 

 

 

あれっ、なんだか小屋らしきものが見えてきたよ。

 

jimba-takao-2018-63.JPG

 

どれどれと近づいてみるとどうやらここも休憩どころみたい。

 

あー、地図であったこの名前。

 

jimba-takao-2018-64.JPG

 

明王峠。

 

閉まっていたけど、台の上に鍵がある。

「困っている人のためものかな。」と好意的なミーア目線。

 

確かにオーストラリアやニュージーランドの田舎のB&Bなどでは不在でもわざと鍵を開けている場所があると聞いたことがある。

そこら辺の田舎は本当に本当に田舎だから急遽必要な人のための処置とのこと。

 

人を疑わない素晴らしいサービスだと思う。

 

でもここってそんなに差し迫ることってある?

 

まぁー、深く考えても意味がないとばかりにちょっと悩めばあとはスルー。

それにしても森の中の素敵なスペースだこと。

 

 

 

 

jimba-takao-2018-65.JPG

 

周辺に咲くツヅジも素敵。

 

jimba-takao-2018-66.JPG

 

先ほどの食事処とは違いロープで出入り禁止になっていないので、トイレ休憩を兼ねて椅子に座って軽く休憩。

 

jimba-takao-2018-67.JPG

 

厚い雲も取れていい天気、緑に映えるね。

小屋にぶら下がっているメニューを見れば、ビールにサワー、熱燗まで。

 

 

 

 

ここ山の中だよ、ここで出来上がったら先が大変だよ。

まぁ相模湖近そうだよね。

 

jimba-takao-2018-68.JPG

 

でも紅葉の木も多くあるし、紅葉にも最適、飲みたくなる気持ちはよくわかる。

 

相模湖に向かう道もあるけど

 

jimba-takao-2018-69.JPG

 

とりあえず私たちは高尾山目がけて別道ゴー。

 

jimba-takao-2018-70.JPG

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール