kokoro banner image

京都旅行-比叡山-2018-⑩

user image 2019-07-08
By: truth
Posted in: 国内ハイキング

東塔から山頂への自然遊歩道、思っていたよりも坂道。

 

2018-hieizan-71.JPG

 

車が通れそうな道はここで終わり。

 

2018-hieizan-72.JPG

 

多分、何か大切な建造物・・・お墓かな

 

2018-hieizan-73.JPG

 

ネットでいろいろと調べてみたけど、結局わからずじまい。

新緑ともマッチングが美しい。

 

 

 

 

味わい深き階段を進み

 

2018-hieizan-74.JPG

 

奥は細道

 

2018-hieizan-75.JPG

 

自然歩道の言葉通り道脇を見れば、見てみてとアピール高めのシダさん

 

2018-hieizan-76.JPG

 

 

 

 

”腰かけてみます?”と言わんばかりの杉の木

 

2018-hieizan-77.JPG

 

こういう個性の強さはいいことだ。

 

しかし道は木の根道、雨上がりということもあり滑りやすい

 

2018-hieizan-78.JPG

 

道はなだらかになり脇に何かありそう。

 

2018-hieizan-79.JPG

 

 

 

 

妖精おじさんが言っていたタンクの場所かな?

 

2018-hieizan-80.JPG

 

グラウンドのように整えられているから跡なのだろうか。

そういえば湧き水(弁慶水)ってどこだろう?

 

つつじコースを通ってとか言っていた気がしたけど、通らないで来たってことかな?

お花が綺麗。

 

2018-hieizan-81.JPG

 

その先車道があり、左の砂利歩道へゴー。

 

2018-hieizan-82.JPG

 

 

 

 

するとテレビ塔発見。

 

2018-hieizan-83.JPG

 

これも妖精さんが教えてくれた目印、ちなみに読売テレビと朝日放送、関西放送の比叡山中継基地。

するとやっぱりうちら逆から登ってきちゃったってわけかな。

 

ミーアナビチェックではここが山頂みたい。でも山頂マーク見当たらないんですけど。

ここが目的地と言われると不安になるので、もう少し進んでみるか。

 

山頂近くのせいか霧が深い。

 

2018-hieizan-84.JPG

 

マイクが今聞いているオーディオブックの話を聞く。

以前、映画で見たロングトレイルの元になった作家の紀行本「ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験 北米アパラチア自然歩道を行く」だ。

 

映画はやはりストーリーをショートカットしているものだが、すごく面白くて二人とも好きな映画だった。

 

それと比べれば、日帰りのショートショートハイキングではあるが、自然の命を知って、自分を振り返ることができる素敵な時間であることは一緒。

自分の体験談ではなく人の体験談として聞いても見ても共感できる点が沢山ある。

 

 

 

 

緑に囲まれているとミーアは一段と健やかになり、自分を取り戻しているように見える。

雨ポツポツ日のハイキングが滑りやすいしちょっと気も沈むけど、こういうときだからこそ見られる貴重な景色もあるもんだよね。

 

2018-hieizan-85.JPG

 

道なりにもう少し先まで行ってみよう。

 

2018-hieizan-86.JPG

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール