kokoro banner image

聖神社2018-①

user image 2019-07-14
By: truth
Posted in: 国内ハイキング

京都から帰ってきた翌週6月18日、聖神社ハイキングを予定していた。

にもかかわらず、朝起きて予報を見たらすべての時間帯で雨マーク。

 

こんな中、無理していくことはないと断念。

 

しかし実際は私の家周辺はほとんど曇りで夕方に雨がちょろっと降っただけ。

 

ならば・・・行きたかったよ。

 

今月、六白は暗剣殺の凶方月、それが災いしているのかな。

 

次の機会は7月7日土曜日、おぉー気づけば七夕で、さらに吉方が並ぶ素晴らしい日。

 

しかし前週の週間天気予報では晴れだったものが、週初めに発生した台風のせいで再び曇りのち雨に変わる。

さらに九州西部では今までにない厳重注意が必要な暴風雨警報が発令されている。

 

こんな状態で本当に行けるの?

ついつい瞑想に頼ると、行くことを強く進めてもらった。

 

なら大丈夫だろう。

 

瞑想から自信を得て、当日の電車を調べてみるとなんと長瀞-三峯口特急を発見。

お陰で乗り換えが一度で済みそう。

 

ラッキー。

 

前日、天気予報は曇りに変わり、当日の朝、再び天気予報をチェックするとすべての時間帯で曇りマークへ。

おぉーさすが創造主といつもながら助言が現実化して疑念が消える、感謝しております。

 

ただミーアの勧めもあり念には念をでレインコート上着だけは持っていこう。

西武秩父にも温泉があるので、お風呂準備もリュックの中へ。

 

 

 

 

どうして今回、聖神社。

 

それはですねぇ、お金にまつわる神社なんです。

 

和同開珎が祭られていて、別名銭神社とも呼ばれ、参拝する方には多くの宝くじ高額当選者がおられるとのこと。

西武線に乗るたびにコマーシャルを見て、行きたくなったのです。

 

ただの神社参拝だけならミーアの足取りが重い。

そこで調べてみたところ、親鼻駅~美の山経由~和銅黒谷駅までのハイキングコースが見つかったのです。

 

ミーアにこのコースを伝えたところ、快く承諾。

彼にとってみればハイキングルートに神社がある、私の目的は逆だけど・・・。

 

なので金運を上げるべく、川で浄化できるように数枚のお札とラピスラズリタンブル、ルチルクォーツブレスレット持参します。

そうそう御朱印帳も忘れずにね。

 

予定通りに家を出発。

 

星の王子様の著者サン=デグジュペリが気になり、「人間の土地」という本を購入した。

尊敬したる宮崎駿監督の好きな本ということもあり、期待して今回の旅のお供。

 

電車に乗り込み席をゲットし、本を初めて広げる。

おぉー、なんとも読者をすぐには寄せ付けない癖のある独特の語り口調。

 

ただ文字を読み滑らせると内容が一切、頭に入ってこないタイプの本だ。

もともと文章から意味を読み取るのが苦手な私、焦らず慎重に一文字一文字追っていなかければ・・・。

 

しかしなんだかなぁー、天候による気圧の関係かなぁ。

読んでいると目のピントが合わなくなり、めまいとともに気持ち悪さを感じる事態。

 

なんだか老眼になるとでると言われている症状に似ている気がする・・・うすうす気づいていたけど改めて実感。

 

無理はしない、気分が悪くなれば本を閉じて、揺れに体を任せる。

再び気力が戻れば本を読めばいい、そうやって所沢駅に到着。

 

 

 

 

8時31分発までまだ多少の時間がある。

特急に乗り込めば、1時間半以上は電車の中になるからトイレに行こう。

 

朝は特にトイレに行きたくなるからね。

しかしトイレに向かえばすごい混みよう、10人は並んでいる。

 

とりあえずホーム上、階段で待っているミーアの場所に戻り必要な写真をパチリ。

 

seijinja-2018-001.JPG

 

再び列に並ぶ。

大丈夫かな、大丈夫かなと思いながらもどうにか用を足し、8時29分4番線ホームへ。

 

しばらくすると西武池袋線快速急行・長瀞、三峰口行き到着。

 

seijinja-2018-002.JPG

 

レトロなこの顔は久しぶりに見る秩父線列車。

昭和の匂いぷんぷんでいい感じ、レッツ乗車。

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール