kokoro banner image

聖神社2018-⑩

user image 2019-07-25
By: truth
Posted in: 国内ハイキング

森の雰囲気に変化。

 

seijinja-2018-077.JPG

 

杉の森。

ポンポンポン・・・。

 

静かに歩いているとなにか小さな音が耳に届く。

これっって雨の音じゃない?雨が葉に当たる音。

 

森に囲まれて歩く私たち、ここまで水滴が届いてこないから気づかなかった。

 

「そうかな?」

 

雨に触れていない自分、最初、ミーアは受け入れず。

しかし顔に濡れた感触を覚え、彼も雨だと気づく。

 

あぁーやはりシトシト雨、来てしまったか。

ただ自分の中で、美の山公園に到着するときには止んでいるはずと、変な確信を持つ私。

 

軽く霧がかかる森の中。

 

seijinja-2018-078.JPG

 

綺麗だよね。

 

 

 

 

次第に霧はさらに深くなり

 

seijinja-2018-079.JPG

 

なんだかおとぎの世界に迷いんだ感じ。

 

seijinja-2018-080.JPG

 

この霧を抜けたら別世界へ繋がっている?

 

こんなにも深い霧の中、頭が妄想旅をしないほうがおかしいよ。

 

seijinja-2018-081.JPG

 

雨の中のハイキングは何かと面倒だ。

濡れるし、道は滑りやすくなるし、視界は悪いし、レインコート着れば雨を避けられても汗で中がびっしょりなんてこともある。

 

 

 

 

前回の比叡山ハイキングでも小雨が降っただけに、今回は避けたいと思って天気予報を細かくチェックして曇り日を選んだのに。

登りながらも雨に対して様々な気持ちがぐるぐるしていたけど、雨だからこそ見られる幻想的な景色。

 

seijinja-2018-082.JPG

 

苦労の末、気づく幸運、やっぱりこれは一白吉方効果かもしれない。

 

この美しさから何かの誕生も感じるし、目に見えないものが見えそうな気持になるし、そしてまさに小雨に打たれて浄化されている自分も感じられる。

 

足元を気を付けながら歩き、目を上げるたびに自分が今いる世界にびっくりして声が漏れる。

 

もし雨がもっと降っていれば、周辺の木々に変化があり、私はレインコートを着て苦しまみれに歩くことになるだろう。

でも小雨で葉が私たちの傘になってくれているので着る必要なない。

 

晴れていればまたそこには異なった景色が広がり、霧が作り出す幻想世界とは別の世界となる。

軽装で、さほどの苦なくこの景色を身らえているのはやっぱりラッキーだよね。

 

いいハイキング、夢気分でも、上り坂を歩いているので汗はびっしょり。

案内標識より残り400mと知る。

 

山頂が近いこともあり木の間から空が見え始める。

草原が広がり、またまた幻想的。

 

seijinja-2018-083.JPG

 

 

 

 

するとがんばり歩く虫さん発見。

 

seijinja-2018-084.JPG

 

互いに頑張ろう。

 

よしっ、あと200mだ。

 

seijinja-2018-085.JPG

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール