kokoro banner image

三峯神社-2018⑧

user image 2019-09-01
By: truth
Posted in: 国内ハイキング

道中、たまに出てくる橋。

 

mitumine-shrine-2018-055.JPG

 

流れはチョロチョロだけどすごく絵になる。

 

mitumine-shrine-2018-056.JPG

 

山が生きているが伝わってくる。

 

山中で人と出くわしたのはこの橋で初めて。

向かいからおじさんがやってきた。

 

ゴールデンウイークの休暇中で心配していたのに恵まれている。

ほとんどの時間、ミーアとの二人ハイキングを楽しむことができている。

 

山道でも柵舗装があり、迷うことはない。

 

mitumine-shrine-2018-057.JPG

 

道はゆるやかな上り坂、歩きやすい。

 

 

 

 

苔の姿が目に付く。

 

mitumine-shrine-2018-058.JPG

 

倒れた木に再び宿る生命、美しい。

こうして森は再生していく。

 

こだまが座るにはもってこいの場所だね。

 

mitumine-shrine-2018-059.JPG

 

宮崎駿監督アニメの世界。

 

ただこれだけ生命溢れているとカメラのピントの合いにくい。

ピンぼけ気づいて何度か取り直し。

 

なだらかな道に杉が姿を現し、坂も急になってくる。

 

mitumine-shrine-2018-060.JPG

 

本腰入れて、登らないと。

息切れししながら、前方確認、終わらぬ道を確認して歩を止めない。

 

 

 

 

ミーアと自然の写真を撮っていると彼が私の足元近くを指さす。

この子を見ろと。

 

mitumine-shrine-2018-061.JPG

 

あぁ~、いたねぇ~キノコさん。

山中の友を見つけるとやっぱり嬉しくなる。

 

竜門の滝に引き続き、風になびく蜘蛛の巣。

 

mitumine-shrine-2018-062.JPG

 

絹の糸が光を反射しながら空を舞っているよう。

 

人がいないと安心しきり、ゆっくり歩いていた私たち。

ミーア後方に男性発見。

 

あっ、ついに次のバスが来てしまったか、ここで二人だけの自由時間終了か、と不安になったけどその先には人影おらず。

とりあえず安心。

 

マイタケに似た風貌のキイロちゃん発見。

 

mitumine-shrine-2018-063.JPG

 

なんだか多方に散らばっている。

 

「動物が食べたのかな?」と野生とのちょっとした交流がここにと興奮しながら、勝手に推測。

 

「人が蹴ったんだよ。」あぁー、ミーアの冷めた意見。

 

急な坂でのひと時の妄想を簡単に打ち砕いてくれましたね。

 

その頃、男性は私たちの側へとたどり着いたのでそのまま抜いてもらうことに。

 

ジグザグ登り道はまだまだ続きます。

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール