kokoro banner image

ロングベイハイキング2019-01

user image 2019-11-02
By: truth
Posted in: ニュージーランド

10月下旬に日光に行って以来、行けてないなぁ~ハイキング。

年末は忙しく過ごし気づけば年が明けてしまった。

 

おめでとう2019年。

 

1月5日になると通常通り合気道と仕事で忙しい毎日が始まってしまう。

その前に時間作ってハイキング行きたいな。

 

クリスマス、年末とニュージーランドは天気が悪く1日中雨という日が続いた。

年明けすぐも、そうすぐれず1月3日はどうにか曇り、4日は再びの雨予報。

 

ならばと3日木曜日にハイキングを決定。

 

家から近い場所にお気に入りのコースがある。

ロングベイハイキングコース。

 

ブログでも何度となくご紹介してきたけど、今年も飽きずにお付き合い下さい。

 

ロングベイビーチには犬のお散歩も兼ねて家族とよく訪れいた場所。

しかし今では朝の散歩はママ、夕方の散歩は私達と分担されていることもあり、まだ訪れていない。

 

犬との散歩では至って彼女が選ぶ家周辺コースと近くのビーチばかり向かう。

 

3日当日、雲は多めだけどオゾン層が薄いニュージーランドにとってみればハイキング日和。

10時に家を出発。

 

lonbayhike-2019-001.JPG

 

今日も歩いてビーチまで行こう、多分2㎞くらいかな。

 

実はハイキング前にちょっとしたお使いがある。

 

キャンピングカーでの仕事の際、バッテリー量を増やそうとミーアがアメリカから取り寄せた外付けバッテーリー。

なんと壊れていた。

 

返品すると別のものを送ってくれるというので、ハイキングに向かう途中にある郵便物配送受付も行ってくれるFour Square(コンビニみたいなもの)に立ち寄ることに。

以前もここで国際便を出したことあるから大丈夫だよね。

 

無事、お店に到着し荷物を出すためレジに並び、自分たちの番。

 

「秤が壊れていて、郵便業務はお休みです。」

 

「・・・・・・なんですと・・・・・」

 

隣町ブラウンズベイの郵便局を勧められたけど、私達歩きなのよねぇ。

素直なミーアはしっかりとイラつく、店員さんにもわかるくらいね。

 

 

 

「ごめんなさい。」

 

「はい、むかつくよね。」

 

いつもは優しいミーアエンジェルはそこにはいない。

彼の中には計画があった。

 

1月下旬から私達のキャンパー旅が始める。

それまでに新しいものをアメリカから届けてもらうためには年明け早々の今しかチャンスがない。

だからこそ早く連絡を取り、早く対応しているだけにこの状況に彼がイラつくのも無理はない。

 

まぁどれほど文句を言っても状況は変えられないので、店を出て一旦家に戻ることに。

後500mくらいあるけばもうそこはロングベイなのにこのタイミングで家に戻るとは。

 

ミーアのイラつき最高潮、ここは話しかけずにそっと後ろからついていこう。

彼の考えでは町の郵便局まで車で行って、家に戻りまた歩いて向かおうとしていた。

 

「もう車のまままっすぐロングベイ行ったら?」

 

承諾を得られてOK。

 

家に戻りママに状況説明。

すると彼女がよく利用する別の郵便物を取り扱っているコンビニを勧められた。

 

そして彼女がオーストラリア宛に発送する荷物も一緒に預けられ、発送代の20ドル渡された。

あれっ、なんだか利用されている?

 

とにかくキャンパーに乗りその店へと急ぐ。

 

まずはママの荷物を出すとなんと28ドル。

なぜだか足りない8ドルは私達負担・・・・。

 

でも今更要求できないよね、家を利用させてもらっているし、まぁいいか。

 

そして私達の荷物の番。

するとまだ驚くべき展開。

 

受付拒否なることを言われた。

 

「バッテリーって海外に送れないんだよね。爆発する危険性があって。」

 

しかしミーア曰く、「これは内部のバッテリーではなく外付けバッテリーなんだよ。」

 

またもちろんアメリカから送られてきているものを返送するんだからできないことがおかしいと話を続ける。

コンビニ主人もとりあえず納得し、1ドルの海外発送用封筒と送料104ドルを支払い店を出た。

 

時既に11時50分。

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール