kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-7日目-030

user image 2019-12-19
By: truth
Posted in: ニュージーランド

2月6日昨日、寝るのが遅かったこともあり目覚めは朝8時過ぎ。

体には疲れが残り、喉には痛みが残っている。

 

寝たことでミーアの機嫌の悪さは収まっていた。

単純でわかりやすい。

 

互いに思いの丈をぶつければちょっとした口喧嘩を後へと引きずらないのが私達の良いところだろう。

 

今日は2時からお招きされている友人T宅へお邪魔する予定。

メールにて夕食前に湖をボートで乗せてくれると連絡があった。

 

それまでにシャワー浴びて、洗濯して、時間は十分あるはずだ。

 

喉も痛みもありベットでダラダラ8時半にトイレへと起きて、その後外に出ると隣のキャンパーの人が話しかけてきた。

 

「テコンドー?」

 

キャンパーに干してある私達の道着を見てのこと。

そういえばアドモアキャンプ場でも同じこと言われたな。

 

「違うよ、合気道だよ。袴もあるよ。」と教えてあげる。

白い道着をみればテコンドーと連想されるほどこちらでは有名なのだろうか。

 

ボートの予定を聞く前は待ち合わせは6時半だった。

じゃぁ今は何時待ち合わせになったのだろうか。

 

ボートだけで2時間も必要ないでしょう、ちょっと遅れても大丈夫じゃない?とニュージータイムになっている私。

 

でも他人への対応には律儀なミーアは「遅れたくないよ」と言われたので、その前に自分たちの予定を見込んで11時にはキャンプ場を離れることに。

 

今日は込み入った仕事がある。

日本時間でのやり取りのため時差をしっかりと把握しておかないと。

 

すると友人Tから連絡が来た。

今日のボートの予定を11時半からにしてほしいと。

 

現在、10時半。

仕事の兼ね合い、またその後の洗濯予定を考えるとちょっと無理がある。

なのでボートは乗らずに夜の夕食だけにしようかな。

 

そうしたら仕事の後にハイキング行けるかも。

ハイキング行けるならその後シャワーがいいよね。

 

 

 

 

再び、連絡があり予定は14時に戻る。

ならばやっぱりシャワー浴びないととなんだか忙しない。

 

今回から利用している日本の節水式シャワーノズル。

利用する水の量が減り、以前は一度の水の入れ替えで一人一回ずつしか浴びられないけど今は一人2回はいける。

 

節水にバンザイ。

このような便利ノズルを開発してくださった会社に深い感謝の意。

 

14時に友人宅に行けるように移動を始める。

水はキャンプ場で入れて出発。

 

240.JPG

 

ダンプステーションに到着すると利用者がいたので向かいで待つことに。

 

241.JPG

 

雲は多いけど、今日も気持ちが良い天気だ。

 

242.JPG

 

なんてのんきなことを思いながら待っていると一台の普通車が私達の前へと結構なスピードでやってきた。

割り込みか?と思っているとトイレの前で止まった。

 

 

 

 

オープンカーで皮肉笑顔で周辺の人を見る、そしてドアを開けっ放しでトイレに向かった。

年齢は40過ぎと思われる大の大人。

 

大人が大切にすべき子供心ってこういうことじゃないと思うんだけどな。

 

今日のトイレ汚水捨て順番はミーア。

彼が行っている最中に、他の汚水を捨てるための用具などを出して準備していた私。

 

するとタンクしたから水漏れしているのに気づいた。

以前、シャワールームで水が漏れているのが原因って言っていたけ?

それとも他にも問題があるのかな?と思っていたら水は止まった。

 

ミーアはシャワールームの状況を見に行って戻ってきた。

するとドアにキャンパーの鍵はつけっぱなしで、ドアは開けっぱなし。

いつでも鍵は盗め、いつでも車内に入り込める状態だったので、苛つく私。

 

思いを言葉に乗せて、昨日同様、喧嘩勃発。

 

そこでミーア、いらいらに任せて爆弾発言。

 

「真実は何もしていない。」

 

・・・・・・・・・・

 

なんですと・・・・今なんて言った?

 

自分がやっていることばかりに目が行き、私は道具を出したりいろんな準備が早く進められるために準備していることなど何も見ていない。

 

「わかった、ならもう何もしない。」

 

この後、洗濯、ランチとあるが私のことを何もしないというならば、ご期待に沿い、何もしませんよっ。

 

さっきの人へ言った言葉をこのときの私に言おう。

 

大人が大切にすべき子供心ってこういうことじゃないと思うんだけどな。

 

 

 

 

コインランドリーに到着しても手伝わない私。

 

243.JPG

 

ミーアが一人で行う。

ご飯作りは私の役目。

 

でも「何もしない」と言われたから何もしない。

ミーアがとりあえずがんばる。

 

244.JPG

 

彼なりに頑張った野菜なしサンドイッチ。

 

まぁ文句は言えん。

何もしないのに他人様が作ってくれたものに文句が言えるほど、私は腐っていない。

 

ただミーアのウィークポイントは予定が組めないこと。

予定を組めず、その場しのぎになる。

 

多分、洗濯機がいつ止まるかも予定に入れていないはず。

先にが見えないスケジュールと二人の険悪ムード。

 

どうやって旅は続いていくのかな。

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール