kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-11日目-063

user image 2020-01-26
By: truth
Posted in: ニュージーランド

まるでラインが引かれたように地面の色が変わる。

 

0548.JPG

 

灰黄色から、灰白色へ。

周辺の雰囲気が変化する。

 

今度は岩アート道。

 

0549.JPG

 

今日だけでどれほどの景色を与えてもらったんだろう。

 

沢山の絶景にもうお腹いっぱいです。

お尻も足もいたいから早くこの道終わらないかな?と思いながらも周辺に圧倒される。

 

目鼻立ちがしっかりしたお岩さん

 

0550.JPG

 

細かい火山灰なのか、まるでサンゴが粉になった砂浜を感じる場所もある。

 

0551.JPG

 

 

 

 

自分が言ったことは現実化しやすい。

もしそれが何にも邪魔されない真の思いだとするとより一層。

 

だからあえて願いを口に出す。

 

「今日はミーアの隣に寝たい。」

 

昨日は散々な夜だった。

 

「無理だよ。出たの遅いし、歩くの遅いし。」

 

「でも昨日のみんなが同じハットを利用すると限らないじゃん。」

 

逆回りの人もいるだろうし、再会を繰り返したカップルだってその次のハットへと向かっている。

何度か口にしているうちに実現する気がしてきたぞ。

 

雄大な景色を目の前に願いが叶いますように

 

0552.JPG

 

石たちはゴツゴツ度と数を増し、私たちの歩く道にまで侵入してきた。

 

0553.JPG

 

って違うか、私たちのルートが岩の間を抜けている。

 

0554.JPG

 

 

 

 

なんだかこの大きく鋭利だけど表面につるつるさがある岩はカナリア諸島、パルマ島のLos Llanos de Aridaneコースと似ている気がする。

カナリア諸島とトンガリロ、遠く離れた場所なのに不思議だね。

 

0555.JPG

 

砂地に岩に砂。

 

0556.JPG

 

雲も減り、太陽照り付けあっつぃー。

おっ、やっと見えてきたぞ、今日お世話になるオチュレレハット。

 

0557.JPG

 

草地に浮かぶ小さなハット、小さな救いよ。

昨日の話ではこちらのハットのほうが小さいといわれたけど見た目ではそう感じない。

 

 

 

 

雄大さはこちらも同じ。

 

0558.JPG

ハットが見えれば進みも早い。

オチュレレハットに到着。

 

0559.JPG

 

看板のワイホホヌハットは明日の目的地。

 

13時ごろ到着。目安所要時間は5時間だったけど、私たちは6時間20分ほどかかった。

 

ハットに到着すると次のハットまで歩くといっていたカップルがベランダに座っている。

 

?????

 

「次のハットまで行くんじゃないの?」

 

「ここでランチ休憩。」

 

あぁその予定があったんだ。

だから彼らは別れ際に「see you」と言っていたんだね。

 

納得。

 

真実

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール