kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-13日目-078

user image 2020-02-13
By: truth
Posted in: ニュージーランド

自分の思いや感じたことに実感と理解を深めたくなるのは私の癖なんだと思う。

瞑想からの教えと実際得た学びから哲学へと結び付けること。

 

創造主は初日のハットで教えてくれた。

 

「いつかは終わる。」

 

そして思う。

人は物事を始める時、終わるためにやっているんだ。

 

物事には必ず終わりがある。

その後も続くけど1つ1つやっていることには終わりがあり、その終わりを求めて行う。

 

確かにこのコースも最初から3泊4日で終わることを思って始めた。

多分、今までもハイキングもこれからもハイキングも必ずゴールを確認して進む。

 

ビジネスの成功も同じなんだ。

自分の目標に辿り着くことを思って始める。

 

みんなそうなんだ。

そしてその終わりとは自分がやり遂げた成功の姿を思い浮かべている場所。

 

なーんてね、改めて頭によぎちゃった。

 

がんばった私たち、向かいには雲がかかるもルペノフ山。

 

0711.JPG

 

横にはIセンター。

 

0712.JPG

 

行きと同じ、トンガリロ国立公園に来るといつも見る景色。

 

本当、がんばったな私たち。

 

駐車場にやっと到着。

 

0713.JPG

 

ちゃんと帰りを待っていてくれたキャンパーの姿が目に入ると安心感もひとしお。

コースは45kmだが駐車場からの距離を含めると46.5kmだった。

 

 

 

 

靴を脱いで足の解放という喜びに満たされているミーア。

足の水ぶくれに耐えて歩いたもんね。

 

もうランチタイム。

 

「何か作ろうと思えば作れるよ。」

 

どうしても調理したくないというほど、でもない。

 

「いやっ、移動したい。」

 

荷物をリビングエリアに起き、助手席に座る。

久々に座った柔らかい椅子・・・今にも眠りそう。

 

いつでも寝落ちできる。

本当、気を張って、気を張り続けて歩いてきたんだな。

 

ミーアはV(レッドブルような清涼飲料水)。

私も眠気覚ましにいただく。

 

ちょっとの休憩で車をだす、ミーア。

気が抜けて動けなくなりそうな私はただただ感心。

 

0714.JPG

 

出発進行っ~!

目指すわホットスパあるトゥランギ。

 

0715.JPG

 

タウポ湖南方にある小さな町。

雲覆われた山。

 

0716.JPG

 

「あそこ歩いたんだよ。信じられないよね。すごい私たち。」

 

 

 

 

山を指差し、思い出に浸る。

なんだか雨が嘘だったように晴れ渡る。

 

0717.JPG

 

今日、私たちの体温を奪い続けた雨、幻だったのか?

 

トゥランギに入る。

来た道からだと町の中心部とホリデーパークは逆の方向。

 

まずは何か口にしたい。

ずっと雨だったからハイキング中は何も食べられなかった。

 

中心部にいくとちらほらお店が見え、スーパーもある。

最初は目に入ったバーガーキングでもいいって思ったが、夜は好物フィッシュアンドチップスを食べたいから揚げ物が続かないように中華にすることに。

 

ネットで調べて到着するとなんと近くには私たちが利用しているコインランドリーが。

おぉー、ここで洗えってことですね。

 

偶然のようで偶然でない。

ありがとう、宇宙。

 

万が一にバーガーキングで諦めていたらこのチャンスを逃しておりました。

リュックからも車からも汚い洋服をかき集め、洗濯機に入れてから中華店へ。

 

ミーアが希望するチキンフライドライスは$12.5。高めだなぁ。

ただ今はケチケチしている場合ではない。それに聞けば二人分ほどのサイズはあるらしいので、ゲット。

 

ついつい節約、節約と考えてしまう自分。昔はそんなこと考えずに無駄遣いを繰り返した気がする。

いろんな変化の元、お金を使うとつい減ってしまうことに目を向けるようになり、そして改めて気づく。

 

「お金を使う」という行為を受け入れていないんだな。

何も考えずに使った昔、お金という価値を見つけて大切にするようになった。

 

その次に進もう、よしっ瞑想課題が見つかった。

 

夜の楽しみにしているフィッシュアンドチップス。

パークオフィスでも販売していて、メニュー表をサイトで見たけど結構なお値段。

 

ここでもフィッシュアンドチップスが売っていて、値段が安い。

お金を使うことについて気づいても同じものとなれば安いほうに飛びつきたくなる。

 

「こっちのほうが安いから、夜、こっちに買いに来る。」

 

「いいねぇ。」

 

でもお金で買えるものは品物だけじゃないんだよね。

出来立てチキンフライドライスを受け取り、店を出る。

 

「こっちのほうが安いけど疲れて戻ってくるの嫌になり、結果、パークで買うんだろうね。」

 

「僕もそう思う。」

 

そんな自分たちを受け入れられる。

 

これも成長の兆しかな。

 

真実

 

 

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール