kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-18日目-093

user image 2020-02-28
By: truth
Posted in: ニュージーランド

2月17日、7時半頃、お目覚め。

 

おはようございます。

 

0832.JPG

 

今日は雲が多めな朝。

 

いつもニュージーランドに来て思うこと。

日本にいるよりも本当によく眠れる。

 

キャンパー旅でお散歩やハイキングをよく行い太陽をたくさん浴びられるせいか、ぐっすり眠ったと思える日が多い。

日本だと1日ぐっすり寝たら、その後眠りが浅い数日が続いてしまう。

 

もちろんニュージーランドでも寝つきが悪い日はあるが、比にならない。

寝るのが下手なのはすでに自覚済みなのでいろいろと諦めているんだけど、ニュージーランドではそれが覆されるから用事がなければ自然の目覚めまで自分をぐっすりと寝させてあげたい。

 

朝からしっかりメールチェックにブログアップ、日記付け。

昨日ゆっくりした分、今日はちゃんと動いている。

 

なんだかんだで昨日は移動せずに居心地の良いサイトもう一泊してしまった。

10時にチェックアウト。

 

それまでに二人ともシャワーを浴びる。次の目的地はタウランガ。

ここにも良いハイキングコースあるかな?とチェック。

 

ここのグラウンドは人がある程度いるにも関わらず水洗い場もトイレもきれいだった。

そして夜も静かに過ごせた。

 

0833.JPG

 

清潔で素敵な場所マタタDOCキャンプブランドに感謝。

 

 

 

 

相変わらずプケコは食べ物をもらいに寄ってくる。

帰り際、洗濯物の物干し場所に「プケコに餌をあげないでください」の看板を発見。

 

はぁー、やっぱり野生には野生の生活を望むよね。

 

でもその可愛さについドライいちぢくをあげてしまった私たち。

ジャンクフードはダメだけど自然の食べ物ならとつい・・・・。

 

いやっ、決していいことではない。

次回からは強い気持ちを持って餌やりを禁止場所ではちゃんとそれに則ろう。

 

出発。

 

0834.JPG

 

ますはネットで見つけた次なるハイキングコース、ウェットランドに向けて。

ダンプステーション、スーパーは今日利用する予定のNZMCAサイトの傍にあるから後程。

 

ナビで確認すると目的地までは車で約30分。

ニュージーランドで目にする素晴らしき生垣、規模が違う。

 

0835.JPG

 

田舎道をどんどん進めば見つけてうれしくないオレンジ色の案内板。

 

0836.JPG

 

やっぱりだぜ、警告板。

道が一時的に閉鎖されている。

 

 

 

 

私たちが行きたいコースは橋を渡らないといけないのにその橋に向かえない。

 

じゃぁコースへ向かえないってこと?

 

タラウェラフォールズに引き続き?

 

落胆しすぐに諦めてしまう私、それに引き換え別のルートを探すミーア。

 

すると遠回りになるけど車で約25分、逆方から行けるかもしれないと。

運転手ミーアの助けの元、試しに行ってみよう。

 

途中、kaitunaという町を通る。

看板で13時までマーケットがやっているという看板を見つけたらしく教えてくれた。

 

私、マーケット好き。何を買うわけじゃないんだけど、あのお祭りのような雰囲気が好き。

時間もあることだし立ち寄ってみよう。

 

看板に沿い向かうとそこには赤レンガの建物。

多くのマオリの皆さんが出入りしているけど、雰囲気がマーケットじゃない。

 

よーく看板を確認したら看板には矢印が書いてあった。あらっ、勘違い。

マーケットは海辺傍の広場で行われていた。

 

0837.JPG

 

うんっ、車も多いし小さいながらもいかにもマーケット、テンションが上がる。

実はもう車には十分な食材がなくランチはカップラーメンでしのぐつもりだったけどここで食べられるね。

 

野菜も安く購入できるかもと期待。

ステーキバーガー、ケバブなどいくつかの飲食店が並ぶ中、久々に見つけたタイフード。

 

0838.JPG

 

パッタイ好きな私の目の前にパッタイがある。

他にもフライドライスに、揚げ春巻き、餃子。

 

 

 

 

パッタイ、フライドライスはスモールサイズで$5。

ちょうどいいねぇ~。

 

これにするべ。

私がオーダーしたパッタイは出来合いがカップに詰められる。

 

ミーアオーダーのフライドライスは目の前ですぐに作ってくれた。

$5でこれは贅沢だぞ。

 

0839.JPG

 

いぇーい、ランチ。

海が見られるベンチに座り、いただきまーす。

 

0840.JPG

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール