kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-20日目-099

user image 2020-03-05
By: truth
Posted in: ニュージーランド

川へと向かう途中、広場にあるトイレ。

 

0889.JPG

 

テープが巻かれ、1つは使えない状態。

このわき道を行く。

 

大きな木に囲まれた木陰道。

 

0890.JPG

 

ちらほら見える人の姿を追って進めば川に出た。

 

0891.JPG

 

キレーイっ。

 

流れも静か、水遊びをしている人たちも。

足を付けてみると冷たいけど、今日みたいな暑さにはちょうど良い。

 

あれっ、橋がある。

あっちまで行ってみよう。

 

0892.JPG

 

 

 

 

来た道を戻り駐車場サイトへ。

反対側にも道みーつけた。

 

0893.JPG

 

川沿いの道にはいくつかのテントがあり、上り坂。

 

0894.JPG

 

上に橋があった。

 

0895.JPG

 

10人制限の細い橋だけど

 

0896.JPG

 

 

 

 

森の中の景色にうっとり。

 

0897.JPG

 

橋の先には木々で覆われた道が続いている。

 

0898.JPG

 

こっちに行くとどこに向かうのかな。

とりあえずハイキングデーは明日、道の確認のためキャンパーに戻ろう。

 

0899.JPG

 

案内板に詳細マップがあったので頂いてきた。

ミーアが1つのコースを指差すもそれは目的のカランガハケ ヒストリックウォークウエイとは異なる。

 

そして自分のコースを確認すると・・・うんっなんだか道がずれているぞ。カランガハケ渓谷に到着しない。

指で道を追って確認するうちに実はミーアが言っていたコースが合っていた。

 

危うしっ、もし変な頑固で誤った道を行っていたら大変だった。

周回コースを確認して、ミーアのマウンテンナビにも登録してもらう。

 

ちなみにここは自転車のハイキングコースとしても有名なようで、自転車を積んだ車が来ては自転車へと乗り換え、森へと消えていった。

 

 

 

 

気づけば5時半。

ミーアもお腹が空いたところでディナーづくり。

 

スーパーで購入したシュリンプをメインにちょっと量多めチーズパスタ。

 

0900.JPG

 

森の中の静かなサイト。

素敵なのだが残念ながらWIFIが届かない。

 

今日はテレビは無理かと思っていたが、こんな時のためにもミーアがネットフリックスからPCへのダウンロード可能なプログラムをいくつか用意してくれていた。

 

さすがだわ。

 

7時を過ぎてもキャンパーは少なく、テントとバンが多い。

8時ごろDOCレンジャーが来て利用者の確認とトイレ掃除もしてくれていた。

 

周辺が暗くなった時に二台のバンが来た。

男子二人組、女子二人組だ。

 

とりあえず他人同士らしいが、二組がくっつくと夜もうるさくなり面倒になると不安を覚える。

こやつらが静かなサイトの中、外で夕食づくり、外で会話し音が響く響く。

 

まぁバンキャンパーは中が非常に狭いため外でやるしかないのはわかるんだけど、そんな大声で話さなくていいよ。

多分、自分たちでは気づいていないんだろうなぁ。

 

とりらえず寝る頃に静かになってくれればいい。

 

ここで二泊する予定だったけどWIFIのこともあるし、移動するか。

ちょっと先にゴルフクラブで$5で利用できる場所があったはず。

 

明日は早めに起きてハイキングをして、昼過ぎにはそちらに移動しよう。

 

幸いバン二人組は合流することはなかったようだが、女性グループがずっと外で話している。

仕方ないといえば、仕方ないんだけど。

 

「外でしゃべらないでくれればいい。」と私。

 

「彼らに外というものはない。」

 

正論ミーア。

 

11時近くなりやっと静けさを取り戻るサイト。

山の中だけに満天の星空を期待したけどオークランドとさほど変わらない星の数だった。

 

明日は8時からハイキングしたいから7時に目覚ましかけよう。

・・・・・最近のぐうたらぶりから起きられる気がしない。

 

15分だけど遅めに設定するか。

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール