kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-24日目-115

user image 2020-03-21
By: truth
Posted in: ニュージーランド

2月23日、昨日の昼寝のため4時にかけたiPhoneアラームが鳴り響く。

道理で昼にならなかったはずだ。

 

ベッド傍には時計があるのみ、iPhoneは下。

突然起こされ、自分の責任とばかりiPhoneを止めに行く。

 

寝ぼけた頭でOFFにしたから、また鳴られては困ると一緒にベッドに連れていく。

もうそんなことしたからすっかり目が覚めちゃったよ。

 

寝付くのに時間がかかるもすっかり熟睡、今度は目覚まし時計のアラームで予定時間に起床。

トイレなどちょっとしたことをすまし、グラウンドを後にする。

 

ここがどこかしっかりと調べておこう。

景色は以前同様川沿い。

 

1057.JPG

 

雲多くとも雨が止んだ。

そしてネットで現在地をもとにキャンプ場名を調べる。

 

Keeley Recreational Reserve 

 

1058.JPG

 

3つ並んでいるフリーキャンプ場の中で一番東のキャンプ場は評価が悪かった。

とりあえずそこにはおらず一番手前(ケンブリッジより)のサイトを使ったみたい。

 

でもここ前の場所より良かった。

今度からここを使おう。

 

1059.JPG

 

 

 

 

曇り空 運転しながら バナナで栄養補給

 

1060.JPG

 

低い雲が龍のようにふもとに広がる

 

1061.JPG

 

ながーくながーく伸びる様は美しい

 

1062.JPG

 

山を登った先にあるビューポイント。

先ほどの龍雲が下に広がる。

 

1063.JPG

 

もうしばらくすると温度も上がり、上の雲と交じってしまうことだろう。

写真に収められて良かった。

 

 

 

 

山道は龍雲の上に広がる雲の中を抜けて進んだ。

 

1064.JPG

 

太陽も雲をかぶってこの通り。

 

1065.JPG

 

タウランガに近づくにつれて雲が高くなり

 

1066.JPG

 

これなら雨の心配もなさそうだ。

 

1067.JPG

 

ミーアが途中で見つけた観光看板。

matamataにあるthe hobbit village。

 

 

 

 

ロードオブザリング撮影場所跡地。

ロードオブザリングもホビットムービーも大好きな二人、興味はある。

 

無理だと思いつつ、「$10なら行く。」

 

ミーアは「$40はすると思うよ。」

 

さっそくネットで調べるとツアーのみで一人様$80。

はい、却下。

 

本当、ニュージーランドは観光にまつわる料金が高い。

 

多分、こんな感じにセットが多く設置されているんだろう。

 

1068.JPG

 

8時半に無事、稽古場に到着。

 

1069.JPG

 

こっちはまだ雲が低いな。

 

準備をして十分な時間を持って稽古場に向かうと清掃タイム。

私たちも手伝い9時から稽古。

 

残念ながら今日は道場長おらず。

その代わりミーアがクラスを持たせてもらい、私も15分ほどやらせてもらった。

 

 

 

 

外者にも関わらず、耳を傾けてくれたことに感謝。

お礼を伝え、また次回戻ってこられたらいいな。

 

以前、立ち寄ったSt Pierre's Sushiへ。

 

1070.JPG

 

8個入り$6のtoday's value setをゲットし、こちらも前回利用したコインランドリーで洗濯をしながらもランチタイム。

いろいろと知っていると安心して動けるね。

 

そして今後の予定を話し合う。

明日まで雨の心配がある。

 

ミーアは昨日、友人宅で仕事中に大きな動きがあった。

だからこそ旅中だとお構いなしに仕事に力を入れたい。

 

毎日仕事したいっ。

 

そっかぁー日々のメインが仕事になるとハイキング行けないかも。

 

とりあえず今日はコロマンデル半島に向かうため少し上昇し、ワイヒビーチNZMCAキャンプサイトに移動することにしよう。

 

「ビーチで泳げるよ。」とミーア。

 

ハイキングに行けない代わりの仕事休憩に丁度良いかもね。

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール