kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-26日目-120

user image 2020-03-27
By: truth
Posted in: ニュージーランド

2月25日、人様のお庭で熟睡。7時15分、突如ミーアが動く。

 

前触れも起こすも声もなく。

 

「トイレ?」

 

「ううんっ、もう起きる。」

 

昨日が遅かっただけにちょっと早めと感じるも、調度良い時間だよね。

 

今日も雲は若干多めだけど気持ちが良い美しさ。

 

1115.JPG

 

ブログをアップして、今日利用を考えているサイトを改めてチェックすると別の滝コース発見。

ちょっと行ってみるか。

 

8時過ぎにシャワーを浴びて、残りの日記書き。

ミーアも仕事のキリが良いところで止めて、キャンパー清掃に入ってくれた。

 

言わずとも 動いてくれる ありがたさ

 

日記を書き終え、早めに出発。

前回使ったワイヒビーチのダンプステーション。既に二台の先客あり。

 

彼らの動きはテキパキさほど待つことなく自分たちの番。

こういう人に出会うと非常に気持ちがよく、見習おうと思える。

 

二人組で夫婦かと思きや珍しいおばあちゃん二人組。

目が合ったので手を振ると、笑顔で挨拶をしてくれた。

 

愛らしいお二人、どうぞ素敵な旅を。

 

さぁ今日予定しているDOCのキャンプ場へ向かいつつ、ハイキング寄り道だ。

 

1116.JPG

 

DOCキャンプサイトだから田舎田舎と人里離れる。

 

 

 

 

森超えて

 

1117.JPG

 

牧場越えて

 

1118.JPG

 

シダと松の森

 

1119.JPG

 

ビューポイントがあったので立ち寄りをお願いする。

 

いい景色が見られるといいな。

 

到着してすぐにミーアが目にしたのがチキン。

一匹二匹の話じゃないよ。

 

1120.JPG

 

子供もいる集団。

最初は柵の窪みでお水を飲んでいたけど、危険がないとわかるとこっちに寄ってきた。

 

 

↓興味があればクリック一発

 

 

 

ニュージーランドではたまに野生のチキンを見かける。

でもこの子たちは観光客から餌もらうのに慣れてしまっているのだろう。

 

食べ忘れていたカシューナッツ、自分も小腹が空いたので彼らにもあげよう。

封を開けて一口、なんだかローストも足りなく、塩気が薄い。彼らには最高だろう。

 

投げたカシューナッツは鳥たちの取り合い。

一番大きなボスと感じる鳥がいつも餌をとられ、なかなかありつけない。

 

鳥も見かけによらないな。

 

彼に投げてあげるとまた別の鶏がやってきてなんだか怒り、喧嘩をふっかけている。

 

「ホイッ」

 

仲裁に入ってみる。

人間同士も動物同士もまた人間も動物を仲良くしようよ。

 

1121.JPG

 

ミーアが喧嘩を挑む鳥に喝。

平和の中、互いに餌をやる。

 

すると食べることに夢中になったママ鳥、ヒナほったらかし。

ヒナも食べようとしているけど食べられているかな。

 

とりあえず十分と考えられる量を与え、終了。

すると親鳥はちゃんとヒナの元へ。

 

1122.JPG

 

そして本来の目的であるここからの風景。

 

1123.JPG

 

うーん・・・・。

 

 

 

 

素敵は素敵だけどちょっと魅力に欠けるかな。

まぁそれでも餌やりもできたし、良しとしよう。

 

車を走り続けていると「やっぱりここ来たことがある。」とミーア。

 

1124.JPG

 

そういえばこのコースの場所を伝えた時も同じこと言っていたっけ。

 

「あのマッドコースってこと?」

 

昨年訪れたぬかるみ多しコース、ビギナーズコースって書いてあったけど全然そう思えない場所があったド迫力の滝を見られた場所だ。

 

「でも、内容はオールドホーストラックでマッドという文字がないよ。」

 

「でもこの道知っている。」

 

1125.JPG

 

そんなこと言われると不安になるじゃないか。

念のためグーグルで向かっているコースを画像検索してみると見たことがないような写真ばかり。

 

「やっぱり行っていないね。」

 

それで意見はまとまったけど、何から知っている私も見覚えある看板が出てきた。

 

「ここを右に曲がったら砂利道」

 

ミーアの言葉通り、右に曲がった道の先が砂利道へと変化。

 

1126.JPG

 

ミーアご名答。

 

DOCサイトの書き方変えたのかな。

以前はほとんど知らないコースばかりだったけどこう回り続けていると知っているコースに出くわすようになった。

 

気を付けないと。

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール