kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-30日目-139

user image 2020-04-15
By: truth
Posted in: ニュージーランド

友達や知り合いと山を登っているとつい話しがちになってしまう。

森の美しさよりも人間交流に気を取られる。

 

でもそれが疲れてしまうため、私たちは基本二人でハイキング。

気兼ねない分、互いが森を楽しみたまに共有し、基本自分の世界に浸る。

 

シダすごい。

 

1351.JPG

 

ミランダホリデーパークで三泊するなら3月6日にパークを後にすることになる。

確かこの週の土曜日、ミーアパパのゴーカートの日じゃない?

 

モノ作りが好きなミーアパパは最近ゴーカートを作り、大会に出ている。

前回はグレートウォークと重なり行くことができなかったが、パパ大好きミーアは一度彼の勇姿を見に行きたいと旅の最中に告げられた。

 

翌週3月16日にはスピードウェイがあるから3月15日に旅を終わらせる予定。

ゴーカート大会はハミルトン周辺で行われ、そこに行くと北島を立ち寄る時間が短くなる。

 

北方には姉、友人から毎年頼まれているマヌカハニーを工場へと買いに行く使命がある。

 

北方行くか、ゴーカート見に行くか?

 

「ゴーカート見に行きたい?」

 

「うん、行きたい。」

 

「でも蜂蜜買わないといけないよ。」

 

「どのくらい?」

 

「トータルで1.5kg頼まれている。」

 

「それだけなら送ってもらおうよ。」

 

「でももう工場から教えてもらった値段彼らに伝えているし、「行くの面倒だったので送料持ってください。」っていうの?それともうちらが負担するの?」

 

返事がない。

 

彼の意見も聞いてい上げたいし、姉たちとして約束も破りたくない。

しかし自分たちのためでもない蜂蜜のために送料負担もしたくない。

 

 

 

 

なんだか頭にストレスがかかってきた。

 

逆切れる。

 

「もうっ旅の途中で、予定とは別の方角の場所行きたいって言わないでよ。カオス作らないでよ。」

 

流れる悪い空気・・・・。

 

山の中にいて空気が悪くなるのはだいたいこう意見の違いから生まれてしまう。

人間交流って大事だけど、こう生まれるカオスを考えると極力減らしたいと思う、ここ数年。

 

折角だからルックアウトポイントに行こう。

 

1352.JPG

 

互いに離れて思い思いの場所で美しい景色に触れる。

 

1353.JPG

 

そして心落ち着かせる。

冷静になるとカオスを作っているのは彼ではなくて、まとまらない自分の心だと気づく。

 

彼にとっても自分にとってもよい案をと考えているのに、蜂蜜に対して文句を言われていると勘違いしてしまったのだ。

 

「カオスを作っているのは真実だよ。」

 

言われた時は否定したけど、実際はその通り。

 

 

 

 

私の心とは裏腹に景色は美しい。

 

1354.JPG

 

私たちは言いたいことを言いあうようにしている、後腐れないように。

 

「うまく隠れている。」

 

半島の先の小さな岬の中にある芝生部分を指差す。

 

1355.JPG

 

そういえば昨年、展望台から見た時ミーアが気に入っていた場所だ。

そこの芝生はゴルフ場だけど、一見隠れているのが彼は気に入ったらしい。

 

トイトイと景色

 

1356.JPG

 

 

 

 

別の高台には1つだけ家がある。

 

1357.JPG

 

私は色合いも目立たなくされていて良いと思ったけど、ミーアは「みんなを見下す嫌な家。」と言っていた。

 

そうかなぁ。

 

ワイプ町近くの高台にある自己主張ギンギンのオレンジ色の家には「ここに住みたい」って言っていたけど。

雰囲気も関係あるのかもしれないね。

 

でも何よりも・・・

 

「ここに家があったらいい。」

 

町からも近いし、毎日美しい景色を見ることができる。

 

でも・・・

 

「車道が作れないね。」

 

「うん。」と返答が返ってきた。

 

別の湾へと出る30分ほどの道があるから行ってみよう。

 

1358.JPG

 

すると目を見張るシダの芽が。

 

1359.JPG

 

今年はいろんなシダの芽を探してきたけどここまででかい子は初めて見た。

 

 

 

 

剛毛でミーア曰く「猿の尾」

 

確かに。

実際触ってみると毛は柔らかく、その言葉通り。

 

ぐんぐん道を下る。

 

1360.JPG

 

トイトイの美しい景色。

 

1361.JPG

 

やっぱりいいなぁコロマンデル。

 

コロマンデル自体には大きなスーパーはない。

でも2つの大型スーパーがあるフィティアンガまでは1時間以内で行けるし、ミランダ近くの大きな町、テムズにも1時間ちょいで行ける。

 

「車だとウネウネロードだけど、フェリーや船ならがまっすぐ走れる。時間は同じくらいだけど安定して走りやすいのは海の上。」とミーア。

 

彼もいろいろ考えているんだね。

 

確かにコロマンデル町には港があるし、テムズまでの道のりでよくフェリーやボートを見る。

それがここの生活か。

 

惚れてしまうやろ。

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール