kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-30日目-141

user image 2020-04-17
By: truth
Posted in: ニュージーランド

キャンパーに戻り2時半。

 

1376.JPG

 

5時までに仕事、日記書き、シャワーを済ませる。

仕事中、周辺のにおいが気になる。

 

昨日も匂ったよな。

私たちは今、ムール貝スモークショップの裏に停車している。

 

そういえば大きなごみ箱が店の裏方にあったっけ。

ずっとこの匂いを嗅ぎならの仕事は勘弁と車を反対側へ移動させる。

 

5時を過ぎても仕事に集中しているミーアさん。

5時半でどうにか一区切りつき、念願のフィッシュアンドチップスをお迎えにあがろう。

 

町中キャンプ場だけに歩いて行ける幸せよ。

コロマンデルフィッシュアンドチップス

 

1377.JPG

 

実はミーアを待っている間にお店のウェブサイトを見つけたので電話注文という手もあったけど、彼の希望で直接お店へ。

評価も高く期待も上がる。

 

お店に到着した時点で既にレジに列。

さらに出来上がりを待つ人がざっと数えて4組。

 

奥では一人の女性が忙しそうに魚からポテトから揚げている。

どうやらここでは生魚も売っているらしく、小さな子を連れたおばさんは新鮮な生魚を購入していた。

 

私たちの番となり一番お安い今日のフィッシュを3つとポテト1つ注文。

椅子に座ってしばし待つ。

 

 

 

 

1378.JPG

 

私たちの番号は109。

すぐに呼ばれた番号は104ってことは5組待ちか、悪くない。

 

番号を呼ばれて席から立ちあがる人、車で取りに来る人など様々。

10分程度待ったところで呼ばれた。

 

早めで何より、テキパキ作業ありがとうございます。

事前にカットしておいたニンジン、ほうれん草と一緒にいただく。

 

なんと私がしたことかっ、フィッシュアンドチップスディナー写真を撮り忘れてしまったっ!

 

ここのフィッシュアンドチップスは全て生魚を利用していて冷凍に比べ値段が高い。

しかしそれに似合う味で、この旅、一番うまくいただけたのに。

 

混んでいる理由も評価も高い理由がよくわかる。

コロマンデルに来たら絶対食べてね。

 

ちなみに魚は3つ頼んだけど1つは小さめサイズ。

私はミーアの2/3サイズなのにいつもミーアと同じ量が食べたくなる食いしん坊。

 

ミーアに大きいほうを挙げて1つは半分。

ちょいと羨ましいと思いながらも実際食べてみたら満腹だった。

脳とは別に腹はどんどん食べられなくなっている。

 

7時を過ぎてお散歩タイム。

昨日はドッグランまで行ったけど、今日はもう1つ先まで行きたい。

 

ミーアはあまり乗り気ではないけど、ついてきてくれた。

ドッグランからの写真。

 

1379.JPG

 

 

 

 

いやぁー今日の雲は本当に美しい。

車道脇を歩き、海が見えてきた。

 

1380.JPG

 

夕日の変化は速い。

道路から石を伝い海辺へと降りる。

 

ミーアは平たい石を見つけて海へと投げ、水切り遊び。

なんと2回目には10回以上飛んで二人して目を丸くする。

 

石が作る波紋が美しい。

 

「もう一回やって、写真に撮るわ。」

 

プレッシャーを抱えてうまくできるもんじゃない。

 

1381.JPG

 

残念ながらその後は数回飛びで終わってしまった。

 

時間と共に濃さを増す夕日。

 

1382.JPG

 

今日も太陽と自然の恵みに感謝な1日だった。

 

 

 

 

ドッグランまで戻ってきたとき、雲が焼けていた。

 

1383.JPG

 

今日はずっと雲が美しかったが、そのせいもありソーラーパネルちゃんはあまり動きが良くなかった。

そのせいで互いのPCの充電が足りていない。

 

ミーアに充電を譲るも、私の電源が落ちてしまった。

 

「仕事ができないよ。」

 

妻を見捨てないミーア。

 

「なら一緒にテレビを見よう。」

 

充電がまだまだあるiPadを取り出し、仲良くテレビ鑑賞。

 

ありがとう。

 

よく動き、よく働いた今日。

10時にはお眠で就寝。

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール