kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-33日目-147

user image 2020-04-23
By: truth
Posted in: ニュージーランド

3月4日、朝7時半に目覚める。

 

最近・・・飲みすぎだ。

 

TOHUがうまいうまいと言って調子に乗って飲みすぎている。

今日こそは飲むまいと、簡単に破られる朝の誓いを立てる。

 

パークのトイレに向かうとびっくり。

 

1429.JPG

 

なんじゃこりゃっ、すごい霧だな。

 

確かに朝寒かったけど、こんなことになっているなんて。

 

1430.JPG

 

朝、ドライブをしていると霧というか雲に覆われた牧場を見ることがある。

中はこんな感じなんだろう。

 

朝日だってまるで雲に隠れた月状態。

 

1431.JPG

 

霧雨の中、山に行っているわけでもなく、海が近く標高が低い場所。

にも拘わらずこのような神秘的な世界を楽しめて光栄だわ。

 

でもそうすると今日は洗濯できない?

昨日に引き続き、この際とばかりに丹念に洗い物を済ませておきたい。

 

 

 

 

天気予報を調べると悪くないらしい。

しばらくすれば明けるかな。

 

9時半になると温度も高くなりこの晴れよう。

 

1432.JPG

 

2時間ですごい差だね。

 

今日はシーツなどの大物を洗う。

その後、仕事に専念、増えてしまった単純作業をとことん進めていく。

 

ママとパパはテムズ町に遊びに行った。

11時半に帰ってくると思ったけど、ミーアは12時半と聞いていたらしい。

 

現在、11時半過ぎ。

やっぱり帰ってこず。

 

ならば二人で再びスパへとお誘いしたところ快くOKを頂き、二人の独占状態。

極楽じゃぁ。

 

今年は温度が結構ぬるめ。

お湯に浸かっていても寒さを感じる時があり、熱いお湯が放出されるスポットを探してはその上に立つ二人。

 

12時半も近づき、スパを出る。

ミーア両親の帰りを待つもまだ帰ってこず、腹好きストレス発生中。

 

「ランチは用意するって言ったけど、テムズで食べているのかな?」

 

「そうかもね。」

 

「なら一言、言ってくれればいいのに・・・。」

 

無言・・・・。

 

しばらくするとパパの姿、オフィスで立ち話後、ママが帰ってきてようやくランチタイム。

最近ブームもピタサンド、是非、食べてくださいな。

 

1434.JPG

 

「少な目でいいです。」というパパの声があったので彼らは1つずつ。

ピタサンドを用意し、「WOW」のお言葉で喜ぶ私、おいしそうでしょっ!

 

しかしおいしいとは言ってくれたもの、食べるスピードの遅さが若干気になるところ。

 

どうやらブランチ食べてきたみたい。

ママはみなまで言わずともその雰囲気が伝わってきた。

 

 

 

 

空腹の腹ははちきれんばかりとなり、ミーアはパパと静かな時間を過ごしたいらしい。

 

1435.JPG

 

その間に私は夕食の唐揚げづくり。

手羽元を骨からエッコラ外す作業。

 

ニュージーランドでは骨なし肉は非常に高い。

その中で安いのは手羽元。

 

セールの時は$4/kgで買えることもあるので、背に腹は変えられず頑張る私。

こういう時こそよく切れる包丁は本当にありがたい。

 

全ての手羽元を骨と肉とで分け、いざっ遊びの時間復活っ!

 

昨日はうまくいかなかったテニスへといこうではないかっ。

 

「なら私たちはスパに行きましょう。」

 

「行かない。」

 

パパとママの会話。

 

事実、パパは濡れぬのが好きではない。

昨日二人がスパにいた時もパパは足湯で本を読んでいた・・・。

 

「私は静かに入りたいから、一人で入るのが好きだよ。」

 

事実、友達と一緒に温泉に入るより一人で浸かっているほうが好きだ。

 

「パパサイドなのね。」

 

・・・・・・・・困る、もう何も言わないでおこう。

 

空はこんなにも広く、すがすがしい。

 

1436.JPG

 

 

 

 

昨日のリベンジとばかりテニスコートにも向かうも

 

1437.JPG

 

寝て起きたら、実力が変わっていることなどあるはずもない。

いろいろと考えながら体の使い方を変えてみるもうまくいかず一人で葛藤。

 

「うまくいっているよ。」

 

高校生の頃、鍛え上げたバトミントンの腕を持つミーアはテニスもうまし。

 

彼の慰めむなしく心身ともに浪費する私。

30分ほど行い、疲れて止めることに。

 

すると一人でスパへ向かうママの姿。

なんだか寂しそう。

 

彼女は非常に社交的でおしゃべり好き。

やっぱりパパは一緒に来てくれなかったのか。

 

ならばここは付き合うかな。

 

でも皆さん、もし私が一人でスパに向かう時にはお気になさらずに。

私は一人で浸かり、静かに癒されるのが好きなタイプです。

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール