kokoro banner image

キャンピングカー旅NZ2019-33日目-148

user image 2020-04-24
By: truth
Posted in: ニュージーランド

「今、そっちに行くね。」

 

そういうとママは喜んでくれた。

急いで水着に着替え、再びスパへ。

 

現在スパには私たちの他の二人のおじいさま。

彼らは一人一人別に顔を出しており、静かにお湯を楽しんでいるご様子。

 

それは私と同じスタイルなので可能な限り彼らの邪魔はしたくないが、一緒にいるのはおしゃべり好きさんなのでどうしても雑音を奏でてしまう。

そのせいか一人が上がり、もう一人は私たちから離れた場所へと移動。

 

・・・・すまん。

 

その後、4人組が入ってきたので私は上がることに。

シャワーを浴びたのち、ママご希望のミニゴルフへと戻る。

 

男性組も参戦。

昨日調子が悪かったママはリベンジを果たし、私はビケ。

 

気づけばもう午後も遅い。

ポテトフライのためのイモの準備をした後、再びポトングへ。

 

1438.JPG

 

ミーア両親はポトングとなると非常に熱い。

第一戦を両親チームが勝利。

 

1439.JPG

 

その後、ビールを飲んでいったん休憩。

朝から沢山仕事して、2度もスパに浸かり、テニス、ミニゴルフ、ポトングと遊びつくした。

 

「もうポトングしないなら夕食作っていい?ビール飲んでちょっと眠くなっちゃった。」

 

「無理して作らなくていいよ。」とママの優しいお言葉。

 

「違う、準備はちゃんとしてあるの」

 

 

 

 

安心したのか、義務なのか再びポトング開始。

 

1440.JPG

 

そして私たちが勝利を収めた。

 

夕食準備はホリデーパークキッチンで行おうと思った。

でも疲れているし、混んでいる中、一人寂しく調理するのが嫌とミーアに伝える。

 

「部屋で作ればいいじゃない?」

 

「でもフライの匂いが残るかも。」

 

「いいわよ。」とママの言葉で再び助けられた。

 

ミーアも頑張ってお手伝いしてくれたおかげで、ポテト、チキンとどんどん上げていく。

出来た夕食。

 

1441.JPG

 

ビュッフェスタイルで好きなだけお取りください。

 

えっ?

 

写真の左上の飲み物はって?

 

朝の誓いはって?

 

そうじゃ、忘れたわい。

 

今日、パパが改めて購入してきたTOHUワインじゃいっ。

 

飲まなきゃ悪かろう、もったいなかろう。

 

今日も皆で一本半を空ける。

 

 

 

 

若干、ポテトの硬さや唐揚げの上げ具合など気にするべき点は多かったが、彼らはいつも労力を見てくれ、ほめてくれる。

だからいろいろあっても、やっぱり好きなのだ。

 

「いつか南島一周をキャンパーでしたいんだよね。でも来年はママが2月にキャンパー使いたいから再来年かな。」

 

「多分、行かないわ。」とママ。

 

「使っていいよ。」とパパ。

 

???

 

オークランドでは乗り気で来年はネピアに行きたいって言っていたのに。

聞けばベットは固く、ドライバーシートの上ではしごでの乗り降りがキツイとのこと。

 

購入時は互いに意見で小さめサイズを選んだが、時と共に彼らの考えは変わってきたようだ。

確かに今回のミランダ利用も昨年よりも少しの広めの部屋へとアップグレードしていた。

 

多分、今年ママが急に使いたくなったのも、私たちが多くキャンパーを利用していることに感化されただけだったのかな。

 

広がる美しい夕日。

 

1442.JPG

 

夜は皆ではまりちゅうのフェーズ10というゲームをやる。

 

「明日はポトングやる?もしやらなかったら私たちの勝ちになるんだけど?」

 

「やるっ。」

意気込むパパとママ。

 

明日9時試合は再開だ。

 

彼らの部屋を後にし、しばしの二人の時間。10時半に布団に入る・・・もワインの飲みすぎ胃もたれ感。

 

明日こそは・・・明日こそは・・・・・。

 

真実

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール